アンチエイジングケア

アンチエイジング施術のポイント<\h4>

栄養補給を心がけて。フリーラジカルを防ぎ、水分、油分を十分に与える。マグネットパウダー配合のマスクで弾力を取り戻し肌の自然治癒力を取り戻す。

健康肌と年齢、加齢肌の違い 
健康で若い肌 健康で若い肌

真皮の奥にあるコラーゲン、エラスチンなどのハリや弾力繊維が均等に揃っている状態。また、皮下脂肪もふっくらと並んでいる。

老化した肌   シワの仕組み

年齢を重ねるごとに、皮膚脂肪の新陳代謝が悪くなり、コラーゲンなどの生産が減少することが原因でお肌は老化します。


サロントリートメントの流れ

STEP1.クレンジング

汚れをマッサージで浮き上がらせた後、優しくティッシュやコットンで拭き取っていきます。
サロンの施術においての、クレンジングオイルはお薦め出来ません。アイメイクや部分使いなら、使用可能ですが、オイル分はどうしてもお肌に残ってしまうので、膜をはってしまい、その後の化粧品の美容成分の浸透の妨げになってしまいます。

STEP2.角質除去

年齢肌と言っても、1)"皮膚が薄いシワ"タイプには、昔から乾燥肌だった人が多く、2)"皮膚が厚くタルミ肌"若い時にはどちらかというとオイリー肌だったというタイプは、それぞれアンチエイジングトリートメントのアプローチが違います。角質を除去し、ターンオーバーを正常化する事は大切ですが、"どんな手段"で?と肌質を細かく分析しての、ピーリング剤の選出をします。

STEP3.マッサージ

古い角質を取り除いたお肌にマッサージすると、マッサージ媒体の潤い成分をお肌に封じ込めると同時に年齢肌は、弾力はハリなど元気のないお肌に<活性化>する成分を多く含んだクリームを使用します。マッサージも次のマスクの美肌成分をぐんぐんとお肌に吸い込んでいかせたいので、膜を張るオイルより油分が少ない、浸透性の高いクリームを使用します。

STEP4.マスク

加齢肌には、コラーゲンやエラシチンが不足します。またビタミン補給も活性化するのに、役立ちます。細胞を内側からふっくらする働きのあるマスクを使用します。年齢肌のマスクは、とにかく"補給"する事です。そのために、マッサージまでの前段階で浸透の邪魔をする油分の強い化粧品は使用しません。

STEP5.仕上げ

仕上げは、弾力補給成分の高く、油分の高い美容液、モイストライザー(クリーム)を使用します。

他の肌タイプを見る:オイリー・コンビネーション肌ノーマル・乾燥・敏感肌美白・ホワイトニング


お申込みはこちら
お取り扱いまでのステップは