マッサージクリーム、オイル

マッサージに一番適しているのはどれ?

エステ用マッサージクリームの他に一般的にオイル、ジェルなどがありますが、<イルチ>では、マスク前の段階に行うデコルテからフェイスのマッサージには、クリームが一番適していると考えます。

理由は、「浸透力」。オイルは、マッサージ自体は、一度手に取ると、ボディと違いよほど広範囲に及ばない限り、継ぎ足さないで良いので、施術がスムーズに運びます。

しかし、どんなに高価なエッセンシャルオイルでも、お肌の表面に油膜を張ってしまいそのあとのマスク・バックなどの成分の浸透を妨げてしまいます。

当製品のエステ用マッサージクリームは、水分保持力がとても高く、お肌にぐんぐん吸い込まれてしまいます。

ですので、15分のデコルテ&フェイスマッサージでも最低3回は手に取るクリームの補給をしないとお肌が滑らかに滑りません。もちろん施術中は一瞬でも動きを止めてはいけませんので、スムーズに補給を行って頂きます。

エッセンシャルオイルをクリームに数滴プラスするトリートメント方法もございますが、これは後からしっかりと油分をホットタオル等で拭き取ってから次の施術に移って頂いております。

<イルチ>では全ての保湿クリームはマッサージにも使用できます。マッサージ目的だけの商品はご用意しておりません、


アクネ(ニキビ)・混合肌・敏感肌用には

マッサージクリーム  ハーバルマッサージ&モイストライジング
内容量 250g
成分 水、トウモロコシオイル、リナリアエキス、サボンソウエキス、セイヨウノコギリソウエキス、セタノール、グリセリン、天然香料、パルミチン酸アスコルビル、キサンタンガム、トコフェロール、クロロフィル、オレンジフラワーエキス、d-リモネン、リナロール
肌タイプ ■脂性肌
■ノーマル肌
■敏感肌
特徴 ピーリングで古い角質を剥離した後のマッサージにご使用ください。お肌に潤いを与え柔らかくしコメドでふさがれた毛穴の通りを良くし、化粧品の成分がより深く浸透します。
使用方法 手に平でいったんなじませてから、マッサージします。

美肌フィト(植物性成分のお話)

サポナリア・サポンソウ
ソープワートとも呼ばれる通り、油脂由来の石鹸の出来る前はこのサポニンが石鹸の代わりとして使用されていた。主要成分:サポニン類(サポロブルン)、フラボノイド類など。作用:抗酸化作用、収斂作用。

美白/アンチエイジング用

 SZミネラルクリーム 
内容量 250g
成分 水、グリセリン、セスキステアリン酸メチルグルコース、シアバター、セタノール、天然香料、パルミチン酸アスコルビル、炭酸カリウム、トコフェロール、キサンタンガム、クロロフィル、へキシルケイヒアルデヒド、d-リモネン、リナロール
肌タイプ ■ノーマル肌
■乾燥肌
特徴 ミネラルたっぷりのソボスロ湖水が、お肌の細胞をみずみずしくよみがえらせます。
使用方法 毛穴に詰まった頑固な汚れを取除き、血行やリンパの流れを良くし、肌の再生力を高める浸透性の優れたマッサージクリームです。

美肌フィト(植物性成分のお話)

シアバター
アカテツ科のアフリカに分布するシアバターの種子。作用:傷、火傷、紫外線防止、乾燥対策として古来から使用されていた。常温では固形で肌に塗布すると溶けることにより「バター」と呼ばれる。

エステ用マッサージクリームの質を手技(=テクニック)の関係

クリームには、マッサージのためだけに作られたものが業務用として安価のものを使うのでしたら、むしろ市販の「ニベア」を使用する方が良いのではないか?というほどただ指の滑りを良くするためだけのものとして原価も安価な場合が多いのです。
いくらマッサージのテクニックが高度であっても美肌効果が半減してしまいます。

マッサージの結果がそのトリートメント効果を左右するのでマスク同様エステ用マッサージクリームは、贅沢なものを!という考えのもと<イルチ>ではすべてのクリームは美容クリームとしてただし、油膜を張らない軽いテクスチャーで、水分保持力が高いものを使用しています。